猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

猫とマグロのその日ぐらし

【釣行レポート】アジュール舞子〜温泉裏〜垂水漁港でメバリングリベンジ

f:id:osty:20190315224530j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

みんな大好きメバリングの季節がやってきました。

僕のホームグラウンドである明石〜須磨方面でも釣果が出ているとの噂を聞きつけ、早速やってきました。

 

午後3時半にアジュール舞子からスタート。昨年の台風で柵が破壊され、明石海峡大橋の下は立入禁止エリアとなっているので、東側のワンドを攻めていきます。

 

タックルはこちら。

 

ロッド:ソアレBB S700SULS

リール:エクセラー 2004

ライン:月下美人 ライン TYPE-F 2.5lb

ジグヘッド:メバル弾丸 1.5g

ワーム:ふぉーる虫、ビームスティック、キビキビナーゴなど

 

日が昇っているうちは底を重点的に狙えるように、1号くらいの中通しの錘を付けて、底をリフトアンドフォールで引いてきます。が、全く反応がないので移動。

 

通称温泉裏に到着。こちらもワンドを探ってから外海側を攻めます。

個人的には実績がないポイントですが、ハマる時にはハマるらしい。大量の魚影を発見し、ワームを通してみるも反応がなく、よく見てみると全部スズメダイでした。

 

それにしてもこのロッド。かなり個性的です。購入時にもレビューしましたが、ティップが柔らかいのはもちろん、バットまで"べろんべろん"です。まるでムチを振っているような感覚。(ムチを振ったことはありませんが。)これがSULですか。

ビシッと飛ぶし、海底の様子を確実に伝えてくれる繊細さがあるのですが、好き嫌いが分かれそうなロッドです。ちなみに僕は苦手、だと思っていましたが、一日中竿を振っていたら慣れました。慣れたらとても面白いロッドです。初心者以外にはおすすめです。

ダイワの現行のラインナップでこういうロッドはないのではないでしょうか。

未だに慣れない点は短いセパレートグリップです。片手持ちに特化させるんだったらセパレートじゃなくていいと思うし、両手でキャストしやすくするのであればエンド側をもっと長くしてくれたら投げやすいのにと思います。どちらも投げやすいようにと考えに考えられた結果だと思いますが、一方でどの投げ方も中途半端にやりにくくなってしまっています。

 

www.nekomaguro.com

 

リールはいいですね。バス釣りに使っているカルディアよりも重いということ以外、ストレスに感じることはありません。巻き心地もなめらかでドラグ性能も抜群です。普通に釣りをするだけならエクセラーで十分でしょう。

 

日が沈んで辺りが暗くなってきたので垂水漁港に移動。このタイミングで中通しオモリを外して1.5gのジグ単に変更しました。ビシッと投げて、トップからボトムまでしっかり探ります。船の隙間や岸際に群れていることも多いので、丁寧にスローリトリーブ。

船の隙間に落としてフォール中。ラインに不審な動き。根掛かりしたかな〜と合わせてみたら強い引き。SULなのでとても楽しいです。ドラグが出るほどの引きで、メバルではないと確信。水中から姿を現したのは、

 

f:id:osty:20190316144542j:plain

 

でっかいガシラでした。今回は君ではないのだよとリリース。ヒットルアーはふぉーる虫のカブラグリーンでした。

9時くらいまで粘ってみるも全くアタリがなく、周囲の人も釣れる気配がないので納竿。 

 

ということでメバリングとタイトルに書いておきながら、ガシラ一匹という釣果に終わってしまいました。せっかくメバリング用のロッドを買ったのに、肝心のメバルは金魚サイズしか釣り上げていません。今回はリベンジのつもりでしたが、再度リベンジしたいと思います。