猫とマグロのその日ぐらし

誰かに役立つお金、資格、旅行、趣味のこと

猫とマグロのその日ぐらし

ミニベロのバーグリップをERGON GP1に交換しました

f:id:osty:20200627215237j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

NESTO・FROIDのバーグリップに不満があったので、早々に別のグリップに変えてしまいました。 

まず素手で握った時の感触がよくありません。イボイボというよりトゲトゲに近い感触で、ミニベロの振動吸収性の悪さと相まって、どんどん手が痺れてきます。

他の方のブログをみてみると、ERGONをおすすめされてる方が非常に多かったので、ベーシックなERGONのGP1を選びました。

 

 

SサイズとLサイズがあり、手のサイズにあったグリップを選べるようになっています。僕は手が大きめなのでLサイズ。

グリップの長さはロングタイプとショートタイプがあり、シフターの種類によって変わります。くるくる回すタイプのシフターならショート、その他はロングタイプが基本です。

 

早速交換作業をしようとしますが、グリップが全く抜けません。キャップがグリップ部分と溶着されている様子なので、カッターナイフで切り落とします。

 

f:id:osty:20200627215249j:plain

 

キャップ部分を切り落とすと、本当のエンドキャップが出てきました。これは手で外れます。

 

f:id:osty:20200627215301j:plain

 

エンドキャップを抜いてもグリップは外れないので、こちらもカッターナイフで切り込みを入れて、もぎ取ります。

 

f:id:osty:20200627215313j:plain

 

左右両方のエンドキャップとグリップを外したら、ERGONのグリップを入れます。グリップを入れるのに力はいりません。スポッと入ります。

元々のグリップよりも長いので、シフターとブレーキレバーのボルトを緩め、グリップをハンドルバーのエンド部分までしっかり突っ込んだら、グリップのボルトを締めて固定。

最後にシフターとブレーキレバーの位置を微調整したら完成です。溶着してある元々のグリップを外すのが面倒ですが、15分くらいでできました。

 

f:id:osty:20200627215351j:plain

f:id:osty:20200627215403j:plain

 

いろいろなものが付いて、変わって、元々のシンプルさがどんどん消えていっていますが、実用性はますますアップ。

 

f:id:osty:20200627215339j:plain

 

ちょっと乗ってみたところ、手の痺れは多少マシになりましたし、握り心地も良くなりました。手の痺れはどうしようもないですね。ちょっとした距離だとグローブは必須です。