猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

猫とマグロのその日ぐらし

【福山・尾道旅行その①】うさぎと毒ガスの島”大久野島”へ行ってきました

f:id:osty:20181201112428j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

11月の三連休に、福山、尾道、そして大久野島に行ってきました。

もともと串本に行こうとか、知床に行こうとか言っておりましたが、蓋を開けてみると宿に空きがなく、関西から近場かつ穴場的な場所を探してみると福山がヒット。

そんな感じで選んだ場所ですが、とても楽しむことができました。関東以北の方は特に縁がない方が多いと思いますが、機会があればぜひ行ってみてください。

初日はうさぎと毒ガスで有名な大久野島、二日目は尾道、三日目は福山、鞆の浦に行きました。記事が長くなってしまったので、初日と二日目、三日目で記事を分けたいと思います。

 

 

 

大阪から大久野島へ

  

f:id:osty:20181201181511j:plain

 

新大阪から新幹線で福山まで行き、在来線で三原まで行きます。三原からは呉線で忠海まで行き、船で大久野島に行くというルートになります。

大久野島の最寄りの新幹線の駅は三原になりますが、のぞみは三原に止まらないのでこだまに乗り換える必要がありますし、福山から在来線に乗っても時間は大して変わりません。また、のぞみ号も全ての列車が福山に停車する訳ではないので注意が必要です。自由席を利用する方は特に注意してください。間違えるとそのまま広島まで行ってしまいます。

また、2018年11月現在、呉線の一部が今年の豪雨の影響で運行停止しており、三原から忠海まで代行バスで向かうことになります。

代行バスにはJRの切符が必要なので、事前に駅の券売機で購入しておきましょう。分からなければ駅員さんに聞いてみてください。

 

f:id:osty:20181201111708j:plain

 

忠海到着時、ファミリーマートの駐車場にバスが停車します。うさぎの餌がファミリーマートに売っているので、餌をあげたいという方は購入してはいかがでしょうか。ここで、飲み物や人間の食料も購入していきましょう。

 

船着き場は駅から徒歩5分ほど。

昔は無かったようですが、立派なお土産屋さんが船着き場の前にできています。

お土産屋さんの中に渡船券の券売機があるので、ここで渡船券を購入し、乗船時に係員さんに渡しましょう。

船は定期運行しているフェリータイプと、休日のみの臨時便用の小型船タイプがあります。臨時便は定員100名ほどと少ないので、早めに並ぶことをおすすめします。

 

f:id:osty:20181201112104j:plain

f:id:osty:20181201112127j:plain

 

こちらは定期運行しているフェリー。車も乗れます。臨時便は車は乗れません。

 

f:id:osty:20181201112739j:plain

 

大久野島に渡る

 

大久野島に到着しました。

大久野島は休暇村(宿泊施設)があり、船着き場からバスが出ていますが、大久野島自体それほど大きい島ではなく、のんびり回っても2時間もかかりません。レンタサイクルもありますが、歩いて回るのが一番のおすすめです。

 

f:id:osty:20181201112239j:plain

 

船着き場近くでももううさぎだらけです。

皆さんキャベツやらにんじんをあげまくっているので、船着き場近くのうさぎは特に食いつきがよくないです。奥の方に進むほど人が少なくなるので、うさぎの餌の食いつきも良くなります。

 

f:id:osty:20181201112358j:plain

 

家族でしょうか。穴の中にもうさぎがいっぱいです。猫と違ってうさぎは何を考えているのか分かりません。触れれても気にしないうさぎと、触ろうとしたら逃げてしまううさぎがいますが、性格でしょうか。

 

f:id:osty:20181201112305j:plain

 

本当に景色がきれいです。重工関係の工場も多いこのエリアですが、海もきれいですし、空気の澄んでいます。

 

f:id:osty:20181201112453j:plain

 

 

大久野島の別の顔"毒ガスの島"

 

うさぎの島として有名な大久野島ですが、別の顔も持っています。

島には鉄筋コンクリートの廃墟があちこちにあります。特に休暇村より北側は、当時の建造物の跡がたくさん残っています。

 

防空壕があったり...

 

f:id:osty:20181201112525j:plain

 

巨大な貯蔵庫があったり。

 

f:id:osty:20181201112555j:plain

f:id:osty:20181201112607j:plain

 

大久野島はうさぎの島というイメージが先行していますが、太平洋戦争終了時まで毒ガスが製造されていたことでも有名です。

今となっては廃墟ですが、昔はここで多くの人が毒ガスの製造に従事していました。

巨大な貯蔵庫や発電所の跡等からその様子が見て取れます。

 

f:id:osty:20181201112624j:plain

 

島には毒ガス資料館もあるので、「うさぎに会いに来た!」という人もぜひ見学して見てください。どんな毒ガスが製造されていたか、どんな方々が毒ガス製造に従事していたか、教科書にはあまり載っていない日本の歴史を知ることができます。

 

帰りは三原で名物のタコ料理を食べて帰りました。

次は尾道と福山編です!

 

f:id:osty:20181201112816j:plain