猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

猫とマグロのその日ぐらし

【2018年8月・最新版】愛媛県青島(別称"猫島")へのアクセス

f:id:osty:20180818172517j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

先日愛媛県の青島に行ってきました。

 

↓↓↓猫写真はこちらの記事を御覧ください↓↓↓

 

 

 

僕が青島に行く際には他の方のブログ等を参考にしましたが、どれも1年以上前の古い情報ばかりだったので、改めて青島へのアクセスをご紹介したいと思います。

 

※列車や船のダイヤは頻繁に変更されます。ご旅行をご検討の際には公式のHPなどで最新の情報とチェックしてください。 

※2018年9月現在、青島の全ての猫に去勢手術が行われるとの予告がありました。猫たちの状況についてはweb等で情報収集を行ってください。

 

news.careerconnection.jp

 

※平成30年7月豪雨の影響で、青島では断水が続いており、大洲市より観光による渡航自粛のお願いがHPに掲載されています。

渡航をご検討中の方は、最新の情報を大洲市のHP等でご確認ください。

 

青島地区への観光自粛のお願い(断水) - 大洲市ホームページ

 

 

 

 

まずは松山に向かいましょう

 

県外から来られる方はまず松山に向かいましょう。

必要なものは松山で購入しておくことをおすすめします。特に飲み物は多めに。夏場は一人で4Lぐらい持っていってもいいかもしれません。

 

青島に商店はありませんし、自動販売機もありません。

伊予長浜にはスーパーや自動販売機はありますが、開店しているとは限りませんし、物価も高いです。

旅の準備は万全に。

 

 

松山市内から伊予長浜へ

 

後述しますが、伊予長浜から青島へ渡る船は1日2往復です。

鉄道を利用される場合はJR松山駅から伊予長浜駅へ向かいます。伊予鉄道の松山市駅からJR松山駅は少し距離がありますので、早朝の路面電車が動いていない時間帯だと15分ほど歩くことになります。

夜行バスなどで早朝に到着し、その日の第一便に乗る場合、6時4分発の普通宇和島行きが最終になります。

内子線経由の列車だとそのまま伊予大洲、宇和島の方まで行ってしまいます。海回り(別称"愛ある伊予灘線")経由の列車に乗るか、途中で乗り換えましょう。

 

f:id:osty:20180818171637j:plain

 

※僕が青島を訪れた時には西日本豪雨の影響で予讃線の一部区間が運休しており、伊予市から伊予大洲間の海回りも完全に止まっていたので、伊予大洲まで内子線(山回り)で伊予大洲まで行き、伊予大洲から伊予長浜まで代行バスに乗りました。

2018年8月18日現在、JR西日本の公式HP上では海回りの路線も復活したようです。

運行情報は事前にJR四国のHPなどで調べることをおすすめします。

 

www.jr-shikoku.co.jp

 

 

伊予長浜から青島へ

 

駅から徒歩5分ほど、港に向かって歩くと、定期船「あおしま」の乗り場があります。

 

f:id:osty:20180818171731j:plain

引用:大洲市HP

 

青島行きの定期船「あおしま」が現在唯一の渡航手段になります。

伊予長浜発は8時00分と14時30分の計2便ですが、定員が限られており長期休みなどは2便に乗れない可能性があります。

青島からの帰り(16時15分発)の定員を超えないようにするため、2便目の青島行き(14時30分発)は、定員から1便目で行かれた人数を差し引いてご乗船いただいております。

引用:大洲市HP

 

また、海が荒れる冬場は運休になりやすく、1週間船が出ないなんてことも予想されますので、天気予報や波の情報も事前のチェックしていきましょう。

 

f:id:osty:20180818171850j:plain

f:id:osty:20180818171854j:plain

 

 

伊予長浜に泊まるなら

 

伊予長浜には1件だけ宿があります。青島への旅行者の多くが利用しています。普通の民宿ですが、快適に過ごすことができます。

近くにはショッパーズというスーパーがあるので便利。夕食も一緒に予約しておきましょう。

 

ryouteinagahama.wixsite.com

 

 

青島旅行、楽しんでくださいね!