猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

猫とマグロのその日ぐらし

【アジュール舞子釣行記】釣り初心者に胴突き仕掛けを持たせたら根魚が爆釣した

f:id:osty:20180608142312j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

阪急茨木市駅のホームで高校時代の同級生にばったり遭遇しました。5年ぶりくらいです。お互い歳をとったなぁなんて思ってしまいました。

 

今回は釣り初心者を連れて、根魚を釣りにいつものアジュール舞子へ行きました。

春先に書いた記事をアップするのを忘れていたものなので、季節外れですがご勘弁を。

 

 

 

春先に釣り初心者を海に連れて行ったら何釣りをする?

 

釣り初心者と一緒だったのですが、春先で水温が上がらない時期。サビキをやってもスズメダイしか釣れないでしょうし、かといって投げ釣りをするにはゴカイ類を手に取るというハードルをクリアしなければいけません。

ということで、今回選んだのは例のごとく胴付き。餌はオキアミです。

アワセのタイミングが難しいのと、釣れるか怪しいという懸念もありましたが、餌はオキアミで問題なし。サビキでスズメダイしか釣れないよりはマシでしょう。

 

www.nekomaguro.com

 

 

当日の仕掛け

 

当日のタックルはこのようになっています。

 

竿:穴釣り用テトラ竿 130

リール:穴釣り用両軸リール

ライン:ナイロン3号

仕掛け:市販の胴付き仕掛け(ハリス0.8号、チンタメバル7号)

※今回は家に仕掛けを忘れたため、ウキ釣り用の仕掛けを加工。

オモリ:釣り鐘 6号

 

 

 

 

釣具屋さんに行くと、穴釣りセットが売っていたりしますので、それで十分です。

タックル選びのコツは、ロッドはソリッドティップを選ぶこと。

チューブラティップは車でいうとMT車。自分でアワセないといけないので、初心者はともかく、上級者にもおすすめしません。魚が吸い込みやすく、オートマチックなソリッドティップがおすすめです。

 

実は最初はカゴ釣りでメバルを狙う予定でした。が、全く釣れる気配がなく、保険として持ってきていた穴釣り用の竿を出しました。

胴付き用の仕掛けを持ってきておらず、カゴ釣り用の仕掛けを加工しました。2本針の仕掛けの、下のハリスを切り、6号の釣り鐘型錘をセット。エダス1本だけを残して、即席の胴突き仕掛けを作りました。

穴釣り用の仕掛けやブラクリのように、中通し錘を使った仕掛けでもいいのですが、アジュール舞子の足下は捨て石が入っていて、根掛かりが多くなってしまいます。このため、針を浮かせられる胴付きの方が根掛かりが少なくなります。

 

 

予想外の釣果

 

カゴ天秤仕掛けには全く反応がありませんが、胴付きは連発。というかほぼ入れ食い状態です。

ほとんどが金魚サイズのガシラで、他にはエサ取りのベラやクサフグです。ほとんどは即リリースサイズでしたが、唐揚げにできるサイズのガシラも混ざりました。連れが良型のクジメを釣り上げた時はびっくりでしたね。

大昔に釣りをやったことがあると言っていましたが、アタリの取り方やアワセのタイミングもバッチリで、なかなかいいセンスをしているのではないでしょうか。

以前他の釣り初心者を連れて行った時は全然釣れなくて、もう二度と釣りはしないと言われてしまいましたが、今回は満足してもらえたようでよかったです。

せっかく釣りを面白いと思ってもらえたので、次回は他の釣りにもチャレンジしてみたいと思います。

 

f:id:osty:20180816173006j:plain