猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

猫とマグロのその日ぐらし

【スイーツガチ勢男子】大阪でパフェを食べるならここ!

f:id:osty:20180306201050j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

先日、北海道に遊びにいっておりました。

北海道が大好きなので毎年行っておりますが、今回も食べて食べて食べまくってきました。

これまで日本のいろいろなところに行ってきましたが、やはり北海道の食べものの美味しさというのは抜きん出ているような気がします。

いつか北海道で生活してみたいですね。

 

 

今回は大阪のおすすめパフェをご紹介します。

猫マグロはインスタもやっていないし、パフェの写真を見せ合うような友だちもおりません。ただ美味いパフェを求めて食い倒れるのみ。

ぜひご賞味下さい。

 

 

ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D'OR)

 

梅田のハービスエントにあるチョコレート専門店。いわゆるショコラティエです。
ここのパレオドールというパフェ、本当に美味しいんです。

 

猫マグロが選ぶ大阪で美味いパフェNO.1

 

f:id:osty:20180306192430j:plain


運ばれてきてすぐに目を引く見た目の上品さ。非常に美しいです。

 

味も確かで、流石はショコラティエのチョコレートパフェ。

チョコレートは濃厚で深い味わい。しかし後味はすっきりしていて、全然くどくないので、食後でお腹いっぱいでもペロッと食べられます。

またすばらしいと思ったのが、パフェの下にあるシリアル。

食感とチョコレートソースが絶妙です。

 

とにかく大阪で美味いパフェを食べたいならここ。

人気があるくせに席数が少なく、回転も悪いので、土日の昼過ぎなんかはもう入れません。激混みです。しかもこれ一つで1800円もします。

高いし並ぶ、でも間違いありません。

平日の昼や夜閉店前がおすすめ。

 

味☆☆☆☆☆
量☆☆☆
価格☆

 

http://www.palet-dor.com/p_salon.html

 

  

KANARIYA(カナリヤ)

  

大阪人ならここは外せません。大阪のパフェと言えばここ。カナリヤです。

焼肉屋がひしめく鶴橋で、「うちはパフェ屋です」という異彩を放つ張り紙と、JKとJD、そしてカップルしかいない若々しすぎる行列。

店内は比較的こじんまりしていますが、パレオドールに比べると回転は早いです。

 

運ばれてきたパフェは天まで伸びています。

そびえ立つパフェのサイズに目が行きがちですが、、非常にオーソドックスなパフェ。THE パフェという感じです。

サイズも味もパレオドールとコロンビアの間です。

 

大阪で人気のパフェNo.1

 

味☆☆☆☆
量☆☆☆☆
価格☆☆☆

 

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270205/27002908/

 

 

コロンビア

 

味より量で勝負。パフェを思う存分腹いっぱい食べたいなら、超有名コロンビアに決まり。堺筋本町駅徒歩2、3分の雑居ビルの地下にお店はあります。

昭和を感じさせる店内と、他の2店とは違ってガランとした店内。

暇そうな店員のおっちゃんとおばちゃん。

しかし、キッチンから「運びますよ〜どこに置きましょうか〜」という不穏な声が聞こえきます。

 

f:id:osty:20180306200819j:plain

 

パフェなのに単位がL(リットル)なのがおかしいと思ったのです。

味が単調な上に、クリームやフルーツの量に対してアイスクリームの量が多すぎて発狂寸前。1人サイズの中型パフェから、銀河も吹っ飛ぶメガトン級30人前パフェまであります。大型パフェは予約必須なのでご注意下さい。

 

リア充サークルから、大食いの男性、フードファイターアスリートまで。

人生に一度は行っていただきたい名店(迷店)です。

 

 

パフェのサイズ圧倒的NO.1

 

味☆☆
量☆☆☆〜☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
価格☆☆〜☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27061364/

 

 

番外編 札幌すすきの 夜パフェ専門店 パフェテリア パル (Parfaiteria PaL)

 

札幌で夜パフェなるものが流行っていることをご存じでしょうか。

シメはラーメンで!ではなく、シメはパフェ!というわけです。

 

今回行ってきたのはすすきのにある夜パフェ専門店”パフェテリア パル”。

レポに一時間以上待たないと入れないと書いてあり、予約が可能とのことだったので電話してみると、「予約の枠が埋まってしまったので、店舗に来て並んで下さい」。

5年前に訪れた伝説のパフェ屋「ピープル・ピープ」に行くことも考えましたが、ピープルピープはもっと待ちそうなので、並ぶことを覚悟してパフェテリア パルに向かいました。

 

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000486/

 

paysage50.hatenablog.com

dosanko-camera.hatenablog.com

 


本当にこんなところにインスタ映えMAXなパフェ屋があるのかと疑ってしまうような雑居ビルの一角にパフェテリア パルはあります。

開陽亭で散々海鮮を堪能した後、8時半に行きましたが、並ばずに入れました。

ちなみに9時半にお店を出ましたが、その時には長蛇の行列ができていました。

席数が少ない上に、客の滞在時間が長くて回転率が悪いので、見かけ以上に並ぶと思います。予約ができるなら予約がおすすめです。

アンティーク調のインテリアで統一されたシンプルながらもオシャレで落ち着いた店内。


横文字ばかりのよくわからない数種類のパフェの中から一つを選びます。

価格は1200円〜1700円くらいでしょうか。

 

出てきました。

 

f:id:osty:20180306201616j:plain


非常にインスタ映えです。

僕はインスタグラムをやっていないのでこうしてブログにあげているわけですが、まわりの女子たちはバシャバシャと写真をとりまくっていました。

肝心の味はといいますと、アイスクリームが美味しいですね。

見た目以上に滑らかな舌触りで、甘すぎないすっきりとした味わい。良く練られています。

 

しかし食べにくいのはマイナスポイント。あくまでもインスタ映えです。

味を求める方はピープル・ピープへ。

 

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1049420/