猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【カモノハシの】ICOCAのチャージを1円単位まで使い切る方法【イコちゃん】

広告

 

 

こんにちは、猫マグロです。

通勤でも遊びに行くときでも地下鉄を使うので、OSAKA PITAPAばかり使っているのですが、ICOCAを利用することがたまにあります。

 

JRで定期券をつくるとICOCAになりますし、大阪駅前の某百貨店では入場カードがICOCAでした。なんだかんだで3枚もICOCAを持っています。

 

梅田のマツモトキヨシでおやつを買って、友達とルクアのマックスブレナーでホットチョコレートを楽しんだ後、ICOCAの残額を確認すると12円。

 

12円!どうするねんこの12円!

 

そんなあなたに3つの提案です。

 

 

 

ICOCAの払い戻しの仕組み

 

はじめにICOCAの払い戻しの仕組みを見てみましょう。

 

www.jr-odekake.net

 

ICOCAを発行する時に、デポジットとして500円を支払います。

ICOCAみどりの窓口に持っていって、「もう使わないので、払い戻しをお願いします」と係員に申し出ると、デポジットとチャージの残額を払い戻してもらえます。

 

注意しないといけないのは、チャージ残高を払い戻してもらうのに手数料が220円かかるということ。

つまり、戻ってくる金額はチャージ残高から220円を引いた額とデポジットの500円を足した額になります。

 

例えば、チャージ残高300円のICOCAを払い戻す場合、返金額は(300ー220)+500=580円になります。

 

なんかモヤモヤしませんか?

そうなんです、手数料を220円も取られちゃうんです。

 

でも実は、払い戻し手数料がデポジット分から引かれることはありません。

チャージ残高が220円を下回った場合、残高が200円でも0円でも500円のデポジットは帰ってきます。

 

だからできるだけチャージを使い切ってしまうほうが得なのですが、このチャージ残高を使い切るのがなかなか難しいんです。

 

 

ICOCAのチャージを使い切る方法

 

乗り越し精算する

 

関東では初乗り分のチャージがなければ改札を通ることができませんが、関西では残額が1円でも改札を通ることができます。

以前はICOCAで乗り越し精算ができず、1000円単位でチャージするしかなかったのですが、今は乗り越し精算ができるようになっています。

差額を現金で支払えばいいので、チャージ分を無駄なく利用できます。

 

利用本は簡単。そのままICOCA改札内に入り、精算機で清算するだけ。

精算機にカードを入れると、「清算する」と「チャージする」の2つのボタンが出てくるので、「清算する」を押せば、運賃とチャージ分の差額分のみをチャージしたICOCAがでてきますので、そちらで改札を出ればOKです。

 

この場合、10円未満は使い切れません。

 

 

切符を買う

 

ICOCAを使い、券売機で切符を買うこともできます。

券売機にICOCAを入れて、運賃とチャージ残高の差額を現金で支払います。

 

この方法も、10円未満は使い切れません。

 

 

お店で使う

 

お店で精算する時にICOCAで精算した後に、不足分を別に支払うというやり方です。

 

交通系の電子マネーを利用できるお店もかなり増えたので、使い切るのに苦労はしないはず。駅ナカのキオスクやセブンイレブンなどのコンビニはもちろん、マツモトキヨシマクドナルド、ルクア内のレストランでもICOCAを使えるようになっています。

 

10円以下の端数までチャージ分を使い切りたいならこの方法。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

10円単位のチャージなら電車を乗る時に使い切ることができますが、1円単位となると、意図的にICOCAを使わないと中々面倒です。

 

おすすめは、関西でICOCAを使って買い物しないこと!

これだけでチャージを無駄なく使えるようになります。

 

 

moimoimoi.hatenablog.com

moimoimoi.hatenablog.com